夕日に向かって両手を広げる男性

ED患者が増えているワケ

折れたバナナ

近年、ED(勃起不全)に悩む男性が増えていると言われています。勃起不全はかつて中高年の男性に限った病気だと考えられてきました。ところが、最近では20代・30代の男性の間でもED患者が増えていると言われているのです。

日本のED患者の数は推定1800万人を超えます。成人男性のおよそ3人に1人がEDを患っている計算になるのですが、これは一体なにが起因しているのでしょうか。

まずひとつ考えられるのが、食生活の変化です。食の欧米化が進んだことによって和食よりも洋食を口にする人が増えてきたせいで、肥満傾向にある男性の割合が増え、肥満によってEDになる男性が多くなってきた可能性があります。

2つ目は過度なストレスでしょう。現代はストレス社会といわれている通り、家庭や職場などでストレスを感じる状況が継続的に起こっている人が増えています。ストレスや心配事から心因性のEDにかかってしまう男性も多いようです。

3つ目はなんといっても運動不足ではないでしょうか。日本人のおよそ7割は運動不足だと言われています。運動する習慣がないと全身の血流が悪くなり、ペニスへの血流も滞ってしまいます。

上記の要因によってED患者が増えているのは確かです。これらの生活習慣を根本的に治すのがEDを克服するカギとなるのですが、今すぐに治せるものではありません。そこでよく使用されているのがED治療薬です。

ED治療薬では現在バイアグラ・レビトラ・シアリスの3つが日本の病院で処方されています。それぞれのジェネリック医薬品も続々登場していますが、ジェネリック医薬品はまだ日本では販売が許可されていません。よってED治療薬を安く買うなら、通販サイトでカマグラゴールドなどのジェネリック医薬品を買うことをお勧めします。